借りやすさから言うなら断然、金融会社の借金

金融機関から安い金利でお金を借りる

免許を取って初めて購入した中古車の代金を身内に借りました。返済計画もきっちりして、毎月いくら返すこと、何ヶ月で返済が完了するかといった支払い計画を立てて、その上で借りました。

 

あまりうるさくない身内なら、金利もかかりませんし、延滞したとしても問題ありませんから、借りるのは気楽です。でもお金を借りるということはそんな簡単なことではないはずです。

 

相手は自分にまとまったお金を善意で貸してくれているわけですから、延滞することがあれば文句のひとつも言われるし、場合によっては生活態度を指摘される可能性もあります。

 

きちんと返す覚悟をするためには、金融会社から借りるという手段が人間関係を損なわないためにもベストです。確かに金利を払わなくてはいけませんが、それはお金の重みを感じるために必要なこととも言えますし、延滞しないように必要以上に気遣うはずです。

 

その後に購入した車はマイカーローンを利用しましたが、金利を払うのがばかばかしいですから、頑張って貯金をして繰り上げ返済をしました。

 

今後身内に借りる予定はありませんし、そんなことにならないように貯金をしなくてはいけませんが、また借りるということになったらやはり金融機関から借りるという選択肢になります。

 

現在ある人間関係の中でお金を借りることで上下ができるのは嫌ですし、生活態度などに口出しをされたくもありません。そんな面倒なことになるくらいなら、少しの金利を払ってでも金融機関でお金を借りるほうが気楽で良いですね。