利用限度額が小さくても安い金利のローン

安い金利でお金を借りるなら上限金利をチェック!?

下限金利が低いからといって選んでも、おそらくその金利はあなたには適用されません!

安い金利でお金を借りる

 

金利には下限金利と上限金利があって、審査によってその間の金利が適用されます。

 

金利の表示は、例えば「4.7%〜18.0%」のように下限金利と上限金利が書かれていますが、実際に適用される金利は利用度額と連動しています。

 

例えば利用限度額が50万円までの場合は金利は18.0%、利用限度額が500万円の場合は金利は4.7%というふうになっています。

 

つまり、限度額が大きいほど適用される金利は低くなります。

 

カードローンなどは極度型ローンと呼ばれ、借り入れ残高が極度額の範囲内であれば何度でも借り入れることができます。

 

極度額とは契約上の「利用できる上限額」です。

 

契約には期間があり、更新時に極度額は見直されます。

 

そして、実際に利用できる限度額(=利用限度額)は、その極度額の範囲内で設定されます。

 

極度額は大きくても、使い過ぎを防ぐために利用限度額を低く設定することもできます。

 

しかし、この限度額は最初から高く設定してもらえるわけではありません。

 

クレジットカードも最初は限度額が20万円とか40万円で、長い期間に渡ってそこそこの金額を利用しているとカード更新時に50万円とか100万円に上がっていたりしますよね。

 

使わずにずっと持っていても基本的に限度額は変わりませんよね。

 

カードローンも同様に利用実績に応じて限度額は高くなっていくのです。

 

ですから、初めての利用で契約するときは「上限金利」か、それに近い金利が適用されるといってよいのです。

 

最初から下限金利が適用されることは、ほとんどないと思ってよいでしょう。

安い金利でお金を借りたいなら「上限金利」をチェック!

安い金利でお金を借りるなら、セゾンファンデックスのVIPローンカードが最高ですよ。

 

様々なカードローン・キャッシングサービスの上限金利はこちらで比較できます。

安い金利でお金を借りる

身内なら安い金利で借りることができるけど・・・

安い金利でお金を借りるために親など身内からお金を借りる人がいます。

 

というか、身内だったら金利はゼロということも珍しくはないでしょう。

 

しかし、反対に親などからお金を借りるのは、金利は安くてもハードルが高いという人も多くいます。

 

社会人として自立している人なら、これまで育ててくれた親に感謝して給料から仕送りする人だっていますし、どちらかと言えば後者のほうが健全と言えるでしょう。

 

ですから、多くの人は親に頼らず安い金利でお金を借りることのできる金融会社のローンを利用するわけですね。

 

もちろん身内からお金を借りたいと思っても、お金を貸してくれる余裕のある人なんていないのが普通です。

 

あなたは、親など身内からお金を借りることができますか?

 

いろんな意見はあると思いますので、世間の人の意見を聞いてみました。

 

最近の記事

金融機関から安い金利でお金を借りる
免許を取って初めて購入した中古車の代金を身内に借りました。返済計画もきっちりして、毎月いくら返すこと、何ヶ月で返済が完了するかといった支払い計画を立てて、その上で借りました...
両親から安い金利でお金を借りる
私が40年以上生きてきて、最大にお金を借りた事があるのは父親から100万円を借りた事です。今から20年以上前の20歳くらいの頃に借りました。短大を卒業したばかりで、貯金もな...
金融会社から安い金利でお金を借りる
身内と金融会社でどっちがお金が借りやすいかといわれれば、金融会社のほうがお金が借りやすいです。身内のほうがお金が借りにくい理由ですが、たとえば親にお金を借りるとなると親を頼...
身内から安い金利でお金を借りる
私は今までに身内にまとまったお金どころか、少額のお金も借りたことはありません。たまに小銭が足りないからちょっと借りる程度ならありますが、借金という意味では身内からも金融業者...